06/25
2022
Sat
旧暦:5月27日 先勝 己 
社会・全般
2017年12月9日(土)8:58

節酒意識を広げよう/飲酒運転防止指導者養成講座

7人受講、知識深める/ASKの山村さんが講話


インストラクターの役割について講話する山村さん(左)。市民7人が受講した=8日、宮古島警察署

インストラクターの役割について講話する山村さん(左)。市民7人が受講した=8日、宮古島警察署

 アルコール薬物問題全国市民協会(ASK)の飲酒運転防止インストラクター養成講座が8日、宮古島署であり、市民7人が各種講座を通してインストラクターの役割を学んだ。講師を務めたASKの山村陽一さんは「節酒、節度ある飲み方を教えて、飲酒運転の防止につなげていくことが皆さんの役割」と話し、酒の飲み過ぎを防ぐ意識の広がりに期待を込めた。



 市や警察など関係6団体で協定を締結した「美ぎ酒飲み運動」の一環で実施する養成講座で、飲酒運転の防止を図る指導者を育成することが大きな狙いだ。昨年から実施されている。


 はじめに、講師の山村さんが2013年に制定された「アルコール健康障害対策基本法」を説明。不適切な飲酒の影響による心身の健康障害を紹介し、国民的課題であると指摘した。


 インストラクターの役割として「アルコールの正しい知識を深め、節酒の方法を指導する。節度ある飲み方を広めて飲酒運転の防止につなげたい」と話した。


 山村さんは「酒は自由気ままに飲んでもいいが、その結果として飲酒運転、人に迷惑を掛ける、暴力、体を壊したら意味がない」と指摘。「飲むな」の一辺倒ではなく、「飲み過ぎを防止する」ことの重要性を説きながら話を進めた。


 この後、受講者は▽アルコールの1単位と体質▽酔いの正体と運転への影響▽寝酒の落とし穴と節酒のコツ▽アルコール依存症の予防と早期発見-の各講座を受講して知識を深めた。


 アルコール分解にかかる時間が男性4時間、女性5時間の目安となるアルコールの1単位として▽ビール500㍉㍑▽日本酒180㍉㍑▽ウイスキー60㍉㍑▽ワイン200㍉㍑▽チューハイ350㍉㍑▽焼酎100㍉㍑-が示された。


 低リスクは1単位までとし、2単位は生活習慣病のリスクが上昇するハイリスクに分類。3単位は超ハイリスクに当たり、アルコール依存症につながる可能性があることを学んだ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!