06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
産業・経済
2017年12月12日(火)8:57

宮糖多良間が操業開始

初日糖度 12・51度、上昇期待


宮古製糖多良間工場の今期操業がスタートした。開始式で機械にキビの束を投入する関係者=11日、宮糖多良間工場

宮古製糖多良間工場の今期操業がスタートした。開始式で機械にキビの束を投入する関係者=11日、宮糖多良間工場

 【多良間】黒糖を造る宮古製糖多良間工場の2017-18年期サトウキビ製糖操業が11日、始まった。初日は252㌧の原料(サトウキビ)を搬入した。平均糖度は12・51度と基準糖度帯(13・1~14・3度)を下回る品質となった。冷え込みによる糖度の上昇が期待される。製糖開始式には関係者多数が出席し、豊作と安全操業を祈願した。

 同工場がまとめた11日の搬入概況によると、基準糖度帯に達した原料は全体の28%と低調。7割の原料が基準糖度を下回った。前日の降雨が品質に影響したとみられる。1㌧当たりの農家平均手取額は概算で1万9346円だった。

 製糖開始式で宮古製糖の安村勇社長(代読)は「農家の皆さんが懸命の肥培管理のもと、丹精を込めて育てたサトウキビだ」と原料受け入れに万全を期す考えを強調。無事故・無災害の操業を誓い、「日本一良品質の製品製造に努めていきたい」と決意した。来間春誠工場長も「日本一の黒糖をつくる」と意気込んだ。

 来賓出席した伊良皆光夫村長は、「今期は豊作型になる。2万5000㌧の見込み量を最終的に超えるよう願いたい」と期待した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!