01/31
2023
Tue
旧暦:1月10日 仏滅 己 
社会・全般
2017年12月16日(土)8:55

年賀状の受付開始/宮古郵便局でセレモニー

今年も残りわずか


年賀状を投函する子供たち=15日、宮古郵便局

年賀状を投函する子供たち=15日、宮古郵便局

 15日の年賀状の引き受け開始を受け、宮古郵便局(瀬長孝也局長)の「2017年用お年玉つき年賀はがき引受開始セレモニー」が同局で行われた。

 おおぞら南保育園の5歳児11人が元気な踊りを披露して、訪れた市民らに引受開始をアピールした。

 さらに園児たちは、年賀はがき差出箱特設コーナーのポストに友だちあての年賀状を入れて、早めの投函(とうかん)をアピールした。

 全国や沖縄ともに年賀状の引受ピークは26日と予想。しかし、確実に元日に届けるためには25日まで出すこととしており、早めの投函を呼び掛けている。

 あいさつで瀬長局長は「人気のキャラクターなどが描かれた年賀状は在庫が少なくなっているので早めの購入をお願いしたい。いよいよ、今年も引受が始まった。心を伝えるコミュニケーションツールとしてぜひ、年賀状を利用してほしい」と呼び掛けた。

 そのほか、瀬長局長は、郵便料金改定により通常はがきの料金が62円となることから、今年の年賀はがきを52円で差し出すことができる期間は、来年1月7日までで1月8日以降に差し出す場合は10円分の切手を貼り足す必要があることも紹介した。

 セレモニーの最後は、瀬長局長らが、子供たちに感謝の気持ちを込めてお菓子をプレゼントした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!