07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
産業・経済
2017年12月27日(水)8:56

品質低調も上昇傾向/宮糖城辺

操業1週間、4000㌧搬入


操業1週間を迎えた宮糖城辺工場。4000㌧余りの原料を搬入した=26日、城辺砂川

操業1週間を迎えた宮糖城辺工場。4000㌧余りの原料を搬入した=26日、城辺砂川

 宮古製糖城辺工場の2016-17年期サトウキビ製糖操業は26日、開始から1週間を迎えた。これまでに4037㌧を搬入し、平均糖度は12・52度。基準糖度帯(13・1~14・3度)には達していないが、上昇傾向にある。冷え込みなど今後の気象条件に伴う品質向上が期待される。

 工場がまとめた搬入概況によると、搬入原料(サトウキビ)の26・43%が基準糖度帯に達している。基準以上は3・28%、それ以外の原料は基準糖度を下回る実績だが、糖度は少しずつ上昇を続けている。

 今期は12万5800㌧の原料を見込む。干ばつや台風といった自然災害をもろに受けているが、株出し栽培の普及に伴う収穫面積等の拡大で平年以上の生産量は確保できる見通しだ。

 年内開始となった今期の操業は88日間を予定。来年3月中旬まで続く。

 宮古地区では同工場のほか宮古製糖伊良部、同多良間の3工場が稼働。沖縄製糖宮古工場は来年1月5日に操業を開始する。

 地区全体の生産見込み量は34万9000㌧前後。大豊作の前期と比べると8万6000㌧ほどの減産になるが、台風や干ばつに見舞われながらも平年以上の収量になる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!