02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
政治・行政
2017年12月29日(金)9:00

「活力ある1年だった」/下地市長

仕事納めで訓示/豊かな島づくりを訴え


仕事納め式で下地敏彦市長の訓示を聞く市職員=28日、市役所平良庁舎

仕事納め式で下地敏彦市長の訓示を聞く市職員=28日、市役所平良庁舎

 宮古島市は28日、2017年の業務を終了し同日、仕事納めを行った。下地敏彦市長は市職員を前にした訓示で、「活力ある1年だった」と振り返り「今年着手した事業が芽を出して花開く時、豊かな島になっている」と述べ、3、4年後には大きな変化が生まれることに期待を示した。「自信を持って業務に取り組んでほしい」と述べ、市のさらなる活性化へ協力を呼び掛けた。2018年仕事始めは1月4日。

 下地市長は同日朝から、各支所や関係各課を回って訓示し、今年1年の働きをねぎらった。

 このうち、平良港を管理する港湾課(伊計盛之課長)では、同港がクルーズ船の拠点港に指定されたことを挙げ、「今後、着々と整備を進め、将来的には14万㌧クラスが接岸できる港になる」と期待を込めた。

 耐震バースの完成にも触れ「波浪時や地震などの自然災害に見舞われた場合でも、物資の搬入がしっかりとでき、市民生活が安定する」と話した。

 その上で下地市長は「少なくとも50年先を見据えた街作りを考えてほしい」と呼び掛け。「来年はさらに忙しい年になる。一生懸命努力し、宮古島市発展の礎を築いているという誇りを持って業務にまい進してほしい」と訓示した。

 市役所平良庁舎での仕事納め式では、今年の主要事業として▽未来創造センター建設工事着工▽JTAドーム宮古島の供用開始▽小中学校の給食費の半額助成-などを挙げ「活力ある1年だった」と職員の労をねぎらった。

 下地市長はまた、来年の主な事業として▽子供医療費の窓口無料化のスタート▽上野・下地地区に認定子供園の開設▽市総合庁舎建設に着手▽下地島空港を活用したパイロット養成事業の開始-などを示して協力を求めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!