06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
産業・経済
2018年1月5日(金)8:59

アカジン、3万円で落札/宮古島漁協

初競りに活気


新鮮な魚介類が上場され活気づいた初競り=4日午前7時すぎ、宮古島漁協競り市場

新鮮な魚介類が上場され活気づいた初競り=4日午前7時すぎ、宮古島漁協競り市場

 宮古島漁協(渡真利一夫組合長)の今年最初の取引となる初競りが4日にあり、重さ3㌔のアカジンミーバイ(和名スジアラ)がお祝儀相場が重なり3万円の最高値で競り落とされた。昨年の初競りより110㌔増の620㌔の魚介類が上場されて成立し、幸先の良いスタートを切った。

 この日の午前7時半から新年初競り式が行われた。

渡真利組合長は「旧年中も仲買人の協力で盛り上がった。今年も豊漁と安全航海で競り市場の活気を期待したい」と祝辞を述べ、乾杯の音頭をとった。

 競り市場には新鮮な魚介類がずらり。同漁協職員で競り人の掛け声に合わせ、仲買人らはお目当ての魚などを次々と競り落とした。

 1㌔当たりの最高落札価格はトップがアカジンミーバイの1万円で、2番目がティラジャー(和名マガキガイ)の6000円余だった。

 池間漁協所属の吉進丸(12㌧、伊良波満也船長ら乗組員3人)は高級魚のマーマチ(和名オオヒメ)など約200㌔を上場し、すべて落札された。

 漁師歴35年という伊良波さん(63)は「今年も航海安全で例年以上に豊漁の年にしたい」と意気込みを語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!