07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
産業・経済
2018年1月9日(火)8:57

アーサ収穫が本格化/大浦湾で養殖、豊作期待

収穫された養殖アーサはトラックに積み込まれ宮古島漁協の施設に運ばれた=9日、平良大浦漁港

収穫された養殖アーサはトラックに積み込まれ宮古島漁協の施設に運ばれた=9日、平良大浦漁港

 西原アーサ生産部会(楚南聡代表)は8日までに平良大浦湾で養殖アーサ(ヒトエグサ)収穫を本格化させた。アーサの伸びが良いことから前期より20日ほど早い初もの収穫となり、豊作が期待されてる。

 特定区画漁業権を取得した漁場で養殖。会員は5人で、1人当たりの養殖網は200枚で計1000枚を設置した。1枚の網の長さは18㍍、幅1・8㍍。昨年10月に養殖網に種付けし、12月に養殖場に沖出し。

 前期のアーサ総収穫量は7㌧で、今期はアーサの生育が順調なことから10㌧以上を予想している。

 会員の池田博次さん(64)ら3人は8日早朝、船上からアーサを収穫した。特殊な機械を使って網を巻き上げながら約650㌔を水揚げ。網にはびっしり生えたアーサが青々と育ち、船上に笑顔が広がった。今期の収穫終了は3月を予定。

 池田さんは「アーサはみそ汁や天ぷら、つくだ煮に人気があり、注文が多い。うれしくて収穫する手にも力が入る」と笑顔で語った。

 楚南代表は「今期は豊作が期待されいる。収穫イベントも考えており、海の恵みのアーサを広くアピールしたい」と意気込みを語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!