06/24
2022
Fri
旧暦:5月26日 赤口 戊 
産業・経済
2018年1月10日(水)8:56

のうれんプラザ オープン2カ月/那覇市

飲食店なども充実


オープンして2カ月が経ったのうれんプラザ=9日、那覇市樋川

オープンして2カ月が経ったのうれんプラザ=9日、那覇市樋川

 【那覇支社】「県民の台所」として人々の暮らしを支えてきた農連市場(那覇市樋川)などが移転した新施設「のうれんプラザ」が、昨年11月にオープンして2カ月が経った。現在は青果店や鮮魚店などの小売店のほか、飲食店を含めた約120業者が入居しにぎわいを見せている。

 のうれんプラザは、地上3階建て。1・2階は各店舗が入居し、3階は96台が収容できる駐車場となっている。また、農連市場の特徴でもある売り手と買い手が価格と数量を相談して決める「農家相対売場」も設けられている。飲食ゾーンには、定食屋、焼き肉店、カフェなどもあり、食事を楽しむことができる。

 農連市場の時代から衣料品店を営む上野大嶺出身の砂川マサさん(83)は「移転すると聞いた時は残念な気持ちもあったが、お店が新しくなって『今が幸せ』と思っている。お客様のためにこれからも頑張っていきたい」と意気込みを話した。

 のうれんプラザは、国際通りから市場本通りを抜けて徒歩約15分ほど。道中にある牧志公設市場などを含め、昔ながらの市場の雰囲気を味わいながら買い物ができるエリアとなっている。また、近くには壺屋焼物博物館もあり散策を楽しむこともできる。

 1953年に開設した農連市場は、64年間の歴史に幕を下ろし、今後「のうれんプラザ」が県民の食を支える。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!