07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
教育・文化
2018年1月11日(木)8:57

宮古市から交流団来島/3泊4日体験交流

多良間の児童生徒が歓迎


受け入れ家庭の皆さんと記念撮影に収まる交流児童生徒ら=9日、村コミュニティー施設

受け入れ家庭の皆さんと記念撮影に収まる交流児童生徒ら=9日、村コミュニティー施設

 【多良間】多良間村と姉妹市村の岩手県宮古市の児童生徒ら10人が9日、多良間村に来島した。3泊4日の日程でホームステイをしながら体験交流を実施する

 村コミュニティー施設で行われた対面式で、伊良皆光夫村長は「ようこそ多良間島へ。多くのことを体験、経験して、いろいろな思い出をつくってほしい」と歓迎した。

 宮古市立花輪中学校の三浦秀明校長は「多良間と宮古市の心はいつもつながっている。たくさんのことを体験し、良い思い出ができることを期待する」とあいさつした。

 訪問団の大槌元稀君は「多良間島ではたくさんの料理を食べたい。たくさんの思い出をつくりたい」、前川桜子さんは「宮古市のことを伝えながら、多良間島の文化、自然を学び、宮古市に戻りたくさん紹介したい」とそれぞれ話した。

 多良間小学校の川上尚栄校長は「多良間島の人たちはいい人ばかり。多くのことを体験し良い思い出にしてほしい」と呼び掛けた。

 比嘉優作君(多良間中2年)は「多良間島の文化や自然をたくさん楽しんでほしい」と歓迎のあいさつを行った。

 岩手県宮古市との体験交流事業は、1859(安政6)年に宮古の善宝丸が76日間の漂流の末、多良間村の南海岸に漂着し、多良間島民の2カ月間の手厚い看護により、乗組員7人が無事に岩手県の宮古市に帰り着くことができたことが縁で、1978(昭和53)年に多良間中学校の生徒6人の交流学習を皮切りに続いており、今年度で30回を迎える。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!