06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
社会・全般
2018年1月22日(月)8:57

木村さん(平良中卒)がグランプリ/ミス・ユニバース・ジャパン沖縄

ミス・ユニバース・ジャパン沖縄でグランプリに選ばれた木村梨菜さん(右)。左は昨年グランプリを獲得した平良絵玲亜さん=20日、沖縄市

ミス・ユニバース・ジャパン沖縄でグランプリに選ばれた木村梨菜さん(右)。左は昨年グランプリを獲得した平良絵玲亜さん=20日、沖縄市

 【那覇支社】ミス・ユニバース・ジャパン沖縄は20日、決勝大会を沖縄市で開催し、宮古出身で平良中卒業の木村梨菜さん(20)をグランプリに選出した。木村さんは、今年夏に予定されている日本大会へ沖縄代表として出場し、冬の世界大会を目指す。

 ミス・ユニバースは、65年以上の歴史がある世界的なミス・コンテストで、毎年開催されている。昨年12月には、県内の応募者からから選抜された「ファイナリスト」21人が発表されていた。

 決勝大会では、ファイナリスト全員が登場して審査員に自らをアピール。木村さんは、中間審査後の自己PRで「『命どぅ宝』。自然が豊かだと人は温かい。人や動物だけでなく、沖縄が誇る綺麗な自然も大切な命。沖縄から世界へ発信していきたいです」と力強く語った。

 審査員からの「沖縄代表になる自信はありますか」との厳しい質問にも、「自信は自分を信じることから始まることを学びました。なので、自信はあります」と、堂々と答えた。

 最終審査の発表が、特別賞、準グランプリと進んで会場の緊張が高まる中でも、木村さんは最後まで笑顔で発表を待った。グランプリとして名前が読み上げられると、木村さんの家族や関係者らが座る一画から大きな歓声が上がり、会場全体もグランプリを祝福する拍手で包まれた。

 受賞後、木村さんは少し驚いた様子ながらも「支えてくれた家族や友人、本当にありがとうございました。日本大会、世界大会でグランプリを取れるように頑張っていきます」と喜びを語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!