06/25
2022
Sat
旧暦:5月27日 先勝 己 
教育・文化
2018年1月23日(火)8:55

すまふつ事典作ろう/下地中

継承の大切さ呼び掛け


講師を務める新里さんは、生徒たちが方言で話すことに期待を込めた=22日、下地中学校

講師を務める新里さんは、生徒たちが方言で話すことに期待を込めた=22日、下地中学校

 22日の「ふつの日」に合わせ、下地中学校の国語科担当の謝敷勝美教諭は同日午前、2年生30人を対象に「すまふつ(島の方言)」に関する授業を実施した。単元名は「自分のすまふつ事典を作ろう~みゃーくふつ(宮古方言)を味わい、感じたことを記そう~」。実習で参加した新里千代子さんと川上良絵さんの2人が講師を務め、宮古方言の保存・継承の大切さなどを伝え「方言を覚え、話そう」と語り掛けた。

 講師の2人は、昨年開催された「2017年度すまふつ普及人材養成講座」(主催・県、県文化協会、共催・市教育委員会、主管・市文化協会)を受講した。22日は受講生による「実習」として参加した。

 教壇に立つ川上さんは「方言を話すことで、高齢者とのコミュニケーションが取れる。コミュニケーションを通して言葉の裏にある自然や文化、暮らしが見えてくる」と語った。

 同じく新里さんは、自身が方言の影響を受けたことについて「久松出身の歌手下地イサムさんが方言で歌う『おばあ』を聴いた時には感動してさめざめと泣いた。フランス人で宮古島で方言を研究しているセリック・ケナンさんのことを知り、方言は『人の心を揺さぶる』と思った。ロシアの東洋学者・言語学者のニコライ・ネフスキーは大正後期・昭和初めに3度にわたり宮古島に訪れている。私は西辺出身だが、西辺の方言も記録されている」と述べた。

 2年の岸本彩美さんと根間友麗君は「自分なりの方言辞典を作るために頑張りたい」と意気込みを語った。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!