06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
教育・文化
2018年1月26日(金)8:57

狩俣君(砂川中)ら3人入賞/明るい選挙ポスターコンクール 


明るい選挙ポスターコンクールで審査員特別賞を受賞した狩俣君=25日、県庁

明るい選挙ポスターコンクールで審査員特別賞を受賞した狩俣君=25日、県庁

 【那覇支社】2017年度の「明るい選挙啓発ポスターコンクール表彰式」(主催・県選挙管理委員会、県明るい選挙推進協議会)が25日、県庁1階県民ホールで催され、宮古島市から砂川中2年の狩俣新君が審査員特別賞、上野中1年の下地陽斗君が優秀賞を受賞したほか、宮古総業実業高1年の長間美雨さんが佳作に選ばれた。
 

 狩俣君は、中学校の部受賞者を代表して「幅広い世代が選挙に行こうと思えるように描いた。18歳になったら自分の意見をしっかり持って、選挙に行けるようにしたい」とあいさつした。
 

 狩俣君の受賞作は、子どもたちや赤ん坊を抱く母親、高齢者の車いすを押す若者など、優しく微笑む人々を中心に、明るい社会をイメージした背景が散りばめられており、「あなたの一票で 未来をつくろう」という願いが伝わってくる作品になっている。
 

 同コンクールは、明日の有権者となる県内の小中高生に、独創的で印象深いポスターを創作してもらい、明るい選挙を実現するため、毎年実施している。
 今回は、小学校の部に202人、中学校の部1305人、高校の部162人の計1669人の応募があり、うち審査員特別賞に8人、優秀賞16人、佳作37人が入賞作品に選ばれた。
 

 優秀作品は、同県民ホールに26日まで掲示されるほか、「2018明るい選挙カレンダー」にも掲載し、県内の各小中高校に配布された。審査員特別賞作品を印刷した沖縄森永乳業の牛乳パックが、今月下旬から発売されている。
 

 主催者あいさつで、県選挙管理委員会の当山尚幸委員長は「将来の民主主義の担い手となる若い皆さんの作品は、どれも明るい選挙に対する豊かな想像力が感じられ、とても頼もしく思う」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!