07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
政治・行政
2018年2月1日(木)8:58

生乳生産継続協議を要請/市議会与党議員団

酪農廃業問題で市長へ


下地市長(右)に要請書を手渡す棚原会長(手前左)=31日、市役所平良庁舎

下地市長(右)に要請書を手渡す棚原会長(手前左)=31日、市役所平良庁舎

 宮古島で唯一、酪農牧場を運営する農事組合法人が酪農事業を廃業する問題で、宮古島市議会与党議員団(棚原芳樹会長)が31日、市役所平良庁舎で下地敏彦市長に関係者へ生乳の島内生産継続へ向けた再協議を働き掛けるよう要請した。

 棚原会長は「もし同法人が酪農事業を廃業し、全ての乳牛が島外に販売されてしまうと再度、酪農事業を再開するには莫大(ばくだい)な資金が必要になると聞いている」とした上で、「今の状況を見守るだけではこの島で生乳生産ができなくなり、各方面に大きな影響を及ぼす事態を招くことになる。島の子供たちの健やかな成長を願う市民の代表である議会としても、こうした事態を見過ごすことはできない」との考えを示し、市や教育委員会、同法人、加工業者、県学校給食会、酪農牧場の土地を購入している企業を含め関係者で生乳の島内生産継続に向けた再協議を行うよう要望した。

 それに対し下地市長は「一般的に企業と企業が話し合って折り合いが付かない場合、行政が間に入って調整することは難しい」としながらも、「関係者を呼んで話をすることはできる」と市としてできる範囲で要請に応える考えを示した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!