07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
社会・全般
2018年2月2日(金)8:57

万一に備え実働演習

特定家畜伝染病防疫で/関係機関


噴霧器で消毒作業を行う参加者。本番さながらの訓練で万が一に備えた=1日、JAおきなわ宮古家畜市場

噴霧器で消毒作業を行う参加者。本番さながらの訓練で万が一に備えた=1日、JAおきなわ宮古家畜市場

 特定家畜伝染病の防疫実働演習が1日、JA宮古家畜市場などで行われた。県や宮古島市、JAなどから約50人が参加して侵入リスクを共有、実働演習を通して万が一の事態に備えた。

 演習は県宮古農林水産振興センターが主催。開始に先立ち植田修所長は「伝染病が侵入した場合、これを封じ込める極めて重要な訓練だ」と強調した。クルーズ船の急増に伴う侵入リスクの高まりを懸念し、「関係機関が連携して侵入防止に努めているが、万が一に備えて初動態勢を整えておくことが重要になる。緊張感を持って訓練に臨んでほしい」と引き締めた。

 この後演習を開始。はじめに比嘉ロードパークで車両消毒を行った。伝染病の侵入を想定し、車両の誘導から消毒作業、消毒確認書等の記入に至るまで本番さながらの訓練に当たった。

 車両消毒を終えるとJA家畜市場に移動。伝染病発生農場に見立てて一連の清掃、消毒作業を実施した。

 参加者は防護服の着衣から始めた。全身を覆う白の防護服に手袋や長靴も着用した。フードやマスク、ゴーグルの装着も手順に従って入念に行った。

 着替えを終えると畜舎で消石灰を散布する作業に着手。数カ所にまくと、竹ぼうきを使って畜舎の隅々まで均一に広げた。動力噴霧器も使用し、壁面や柱、床をくまなく消毒した。

 参加者は一連の清掃、消毒作業を通して特定家畜伝染病の侵入リスクに対する理解を深め、初動訓練の重要性を再確認した。 


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!