07/03
2022
Sun
旧暦:6月5日 仏滅 丁 
スポーツ
2018年2月3日(土)8:56

比嘉、フエンテス調印式/ボクシング

15戦連続KOを狙う


調印式後、ファイティングポーズをする王者比嘉大吾選手(左)と挑戦者のモイセス・フエンテス(メキシコ)=2日、那覇市内のホテル

調印式後、ファイティングポーズをする王者比嘉大吾選手(左)と挑戦者のモイセス・フエンテス(メキシコ)=2日、那覇市内のホテル

 【那覇支社】4日に県立武道館で2度目の防衛戦を行う世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者で宮古工業高卒の比嘉大吾(22)=14戦14KO、白井・具志堅スポーツ=は2日、那覇市のロワジールホテル那覇で行われた調印式に臨んだ。挑戦者に元世界2階級王者で同級9位のモイセス・フエンテス(30)=メキシコ=を迎え、10年ぶりの日本記録タイとなる15連続KO勝利を狙う。

 調印式に先立ち行われた予備検診では、視力や血圧、脈拍などの確認が行われ、比嘉、フエンテスともに問題はなく、互いにベストコンディションであることが報告された。

 調印式後の記者会見で、比嘉は「KOで勝ってこそ特別なチャンピオンになれると思う。勇気を与えられるような試合をしたい」と意欲を語った。また、これまで沖縄で行われた世界戦3試合で敗戦が続いていることに対しては「勝つという意識は人一倍強いので、そこはあまり気にせず練習の成果を出したい。自分が勝って乗り越えたい」と勝利を誓った。

 フエンテスは「144ラウンドのスパーリングをこなしてきた。調整は順調に進んでいる」と話した。

 また、具志堅用高会長は「37年ぶりに沖縄で世界戦が開催できることをうれしく思う。一生懸命応援してほしい」と呼び掛けた。

 宣言通りに比嘉がKO勝利した場合、県出身の浜田剛史氏(元WBCスーパーライト級王者)が持つ日本記録、15連続KO勝利に並ぶ。ボクシングの世界戦が沖縄で開催されるのは、今回で4度目。1981年の具志堅会長の試合以来、37年ぶりとなる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!