07/07
2022
Thu
旧暦:月日   
教育・文化
2018年2月9日(金)8:56

下里、田場さんも出品/県書作家木筆會書道展

11日まで、那覇市民ギャラリー


作品

作品

 【那覇支社】第40回県書作家協会木筆會書道展(主催・同会)が6日から、那覇市民ギャラリー(パレットくもじ6階)で開かれ、宮古島市の下里真智子(双楓)さんや田場啓子さんら会員183人の作品が展示されている。11日まで。入場無料。


 下里さんは、躍動感に満ちた書体の漢詩「中山国」(蔡大鼎作)を出品。読み下し文は「水国鴎(かもめ)は浮かぶ帆影の外 山城鶯は語る 雨声の中」。

 田場さんは、優しさにあふれる宮古民謡から、「春ぬ梯梧ぬ花ぬ如ん宮古ぬ あやぐやすに島糸音ぬ あてかぎかりやよ」を優雅に表現した

 同会は1976年に設立され、県内の書道会派40団体で構成。現在の会員数は230人を超える。会員相互の親睦と書芸の普及・発展を目指して、活動を展開している。

 今年は40回目を記念して、沖縄に受け継がれてきた琉歌や琉球漢詩、宮古民謡、黄金言葉などを題材にした。出展作品には、墨の濃淡や紙の形態、行書、楷書、かな、篆刻など、自由で多彩な書体も見られ、会員の確かな実力と創造力を感じさせる。

 開会セレモニーで、同会の豊平峰雲会長は「今後は県内に止まらず、県外・海外にも出展できる会になれるよう、研さんを積んでほしい」とあいさつした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!