07/07
2022
Thu
旧暦:月日   
政治・行政
2018年2月10日(土)8:58

18項目の要望事項確認/市村長会議

県など関係機関に要請へ


宮古島市と多良間村の要望事項18項目を確認した市村長会議=9日、市役所平良庁舎

宮古島市と多良間村の要望事項18項目を確認した市村長会議=9日、市役所平良庁舎

 2017年度第2回宮古市村長会議が9日、市役所平良庁舎で行われた。宮古島市の下地敏彦市長と多良間村の伊良皆光夫村長が出席し市12項目、村6項目の合計18項目の沖縄振興拡大会議への要望事項を確認した。市の要請項目のうち3項目は新規となっている。

 市の新規項目は▽下地島空港における実機飛行訓練利用の促進▽待機児童対策および認可外保育施設への支援拡充▽第1種農地の許可基準で例外的許可ができる基準について-の3項目。

 実機訓練については、昨年10月から新たにバニラエア社が実機飛行訓練を開始していることを示し、現状で操縦練習使用料が高額となっていることから、その見直しを行うとともに支援策を講じて訓練飛行場として利用促進を促している。

 そのほか、市の継続要望事項は▽下地島空港および周辺用地利活用における取り組みの着実な推進▽宮古空港横断トンネル整備▽平良港のさらなる機能拡充-などとなっている。

 多良間村からの要望事項は▽国営事業推進▽農業農村整備▽小規模離島医療の充実▽多良間-石垣間航空路線の再開-など6項目。

 小規模離島医療については、島に総合的な医療施設が無いため、住民の多くが島外での受診を余儀なくされ、交通費、宿泊費が大きな負担となっていることを示し、医師、看護師等の安定確保を図るとともに保健医療体制の充実強化を求めている。

 今回確認された要望事項については4月下旬に行われる離島・過疎地域振興に対する要請や沖縄振興拡大会議で提出される。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!