07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
社会・全般
2018年2月21日(水)8:58

比嘉選手と具志堅氏に県民栄誉賞

県民栄誉賞に決まった比嘉大吾選手(左)と具志堅用高氏(写真は5日の防衛戦から一夜明け)

県民栄誉賞に決まった比嘉大吾選手(左)と具志堅用高氏(写真は5日の防衛戦から一夜明け)

 【那覇支社】翁長雄志知事は20日、世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者で宮古工業高出身の比嘉大吾選手(22)=15戦15KO、白井・具志堅スポーツジム=と同ジム会長で元世界ボクシング協会(WBA)ジュニアフライ級(当時)王者の具志堅用高氏(62)に対して、県民栄誉賞を授与すると発表した。

 翁長知事は、比嘉選手について「25年ぶりの県出身の世界チャンピオンとなり、県民栄誉賞の資格は十分にある」とした。4日に行われた世界戦では、15試合連続KOという日本記録に並び「県民に大きな感動と誇りを与えた」などと、授与の理由を述べた。

 具志堅氏は、県出身者で初の世界チャンピオンとなり、世界王座防衛13回、世界王座6連続KOなどの偉大な日本記録を樹立したほか、2015年には『国際ボクシング名誉の殿堂博物館』へ殿堂入りするなど、「県民に夢と希望を与えた」とその功績をたたえた。

 授与式の日程については、「比嘉選手の3度目の防衛戦が4月15日にあるということが昨日分かった。気持ちとしては防衛戦の前にお渡ししたいが、相談して決めたい」と述べた。

 県民栄誉賞受賞に対して比嘉選手は「具志堅会長と一緒に県民栄誉賞がいただけるなんて、信じられないくらいうれしい。この賞に負けないよう、これから世界チャンピオンとしてどんどん大きくなって、沖縄県の名を世界に広めていきたいと思う」、具志堅氏は「こうして現役時代の功績が認められ、弟子である比嘉大吾とともに受賞できたことは大きな喜びです。県の皆さんに恩返しできるよう、これからも明るく楽しく幅広い活動をしていきたい」と、それぞれコメントを発表した。

 県民栄誉賞は、99年4月に創設され、県民に敬愛され、明るい希望と活力を与える顕著な功績があった人に対して、その栄誉をたたえ知事が表彰するもの。

 今回の受賞は、沖縄尚学高校野球部(99年4月)、車いすマラソンの上与那原寛和氏(08年10月)、興南高校野球部(10年9月)、プロゴルファーの宮里藍氏(10年12月)、ウィルチェアーラグビーの仲里進氏(16年11月)に次いで6回目。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!