07/04
2022
Mon
旧暦:6月6日 大安 戊 
社会・全般
2018年2月23日(金)8:55

「緑十字銀章」受賞など報告/新里会長ら大城署長に

交通安全・事故防止に貢献


大城署長(右)に受賞報告をした(左から)友利副会長、福里委員長、池間前支部長と新里会長=22日、宮古島署

大城署長(右)に受賞報告をした(左から)友利副会長、福里委員長、池間前支部長と新里会長=22日、宮古島署

 宮古島署(大城辰男署長)で22日、交通栄誉章「緑十字銀章」を受賞した宮古島地区交通安全協会(安協)の新里孝行会長、県交通安全推進協議会長賞(交通安全功労者)を受賞した前交通安全狩俣学区支部長の池間裕紀雄さんと同(交通安全功労団体)を受賞した県交通安全推進員代表の福里治委員長が、大城署長に受賞の報告をした。報告会には安協の友利勝一副会長も同席した。

 新里会長が受賞した交通栄誉章「緑十字銀章」は警察庁長官と全日本交通安全協会長の連名表彰で、宮古島では新里会長で4人目になる。表彰式は1月19日に、東京の文京シビックホールで開催された、第58回交通安全国民運動中央大会で行われた。

 県交通安全推進協議会長賞(県知事表彰)の功労者の部と功労団体の部表彰式は6日、県庁で行われた。

 大城署長は「皆さんのおかげで、交通事故も減少している。今後も引き続き、警察と協力し交通事故防止につなげてほしい。おめでとう」とそれぞれの受賞を祝した。

 新里会長は「受賞することは考えず、ただ一生懸命に活動してきた。このような素晴らしい賞をいただき感無量。これからもこの賞に恥じないよう、市民の交通安全ために頑張っていきたい」と受賞の喜びを述べた。

 新里会長らは多年にわたり交通安全のために献身的に努力し、交通秩序確立に貢献したことなどが評価された。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!