06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
政治・行政
2018年3月23日(金)8:59

給食は4月から生乳確保/市議会一般質問

市、酪農再開向け協議

 島で唯一の酪農牧場の廃業を受けて学校給食で提供されていた牛乳が2月から加工乳となっていることを受け、22日に行われた市議会3月定例会の一般質問で市、市教育委員会が今後の酪農事業や生乳確保について見解を述べた。

 島尻誠氏は、給食に出される加工乳が飲まれずに処分されている現状と、残して処分される1日当たりの廃棄量について質問した。

 仲宗根均教育部長は「委員会としても生乳を提供したいと強く望んでいる。加工乳の飲み残しが多いという指摘だが、それに含まれるカルシウム摂取の必要性を子供たちにしっかり理解させて好き嫌いしないよう指導したい」と述べた。 

 さらに「加工乳の一日の供給量は990㍑。廃棄量については外の食べ残しと一緒に廃棄されており、個別の調査は困難」との見解を示した。

 また、宮國博教育長も、学校給食への生乳確保について「県も県学校給食会も生乳の確保については、県内で不足すれば県外から確保をしてでも生乳で対応したいとの思いを持っているので、4月から生乳を供給していく」と述べた。

 そのほか、宮古島産生乳を原材料とした商品が多岐にわたり、それで商品開発をしてきた事業主が打撃を受けていることについても問われた。

 松原清光農林水産部長は「一部は、島内産の生乳でジェラードやアイスクリーム等の商品開発を行い、大都市で宮古島産生乳を利用した商品であることをPRしながら販売して人気を博していたと聞いている。市としても地産地消や独自産業の観点から酪農再開を早期実現できるよう県などと協議していきたい」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!