06/29
2022
Wed
旧暦:6月1日 赤口 癸 
教育・文化
2018年4月4日(水)8:56

奥深い上布、継承誓う/後継者育成研修

受講生3人に修了証書


研修を修了した(前列左2人目から)下地さん、宮国さん、棈松さん=3日、市伝統工芸品センター

研修を修了した(前列左2人目から)下地さん、宮国さん、棈松さん=3日、市伝統工芸品センター

 宮古上布の製織後継者を育成する研修の閉講式が3日午前、市の伝統工芸品センターであった。宮国利恵さん(40)ら3人の受講者が修了証書を受け取り、織り子としての第一歩を踏み出した。宮国さんは「上布は奥深い。これからも学び続ける」と話し、継承への誓いを新たにした。

 研修を終えたのは宮国さんのほか、下地千代さん(50)、棈松順子(よりこ)さん(58)の3人。それぞれ製織の工程を一から学んで技術を身に付けた。

 研修終了に当たり、宮国さんは「研修を通して宮古上布の奥深さを知った。永住して、これからも上布に携わりたい。より素晴らしい布を織れるようにしっかり頑張る」と話した。

 下地さんも「さらに追求したい」と話す。「3年前に宮古に来て、宮古のために何かできないかと思って始めた。(研修で)織ることはできたけど技術はまだまだ。十字絣をしっかりと織れるように研さんを積みたい」と意欲を見せた。

 棈松さんは「特に糸の大切さがよく分かった。勉強になった」と全工程の重要性をこの研修で学んだ。家族の事情で宮古島を離れるといい、「こうして1年間学んだ。島を離れても糸づくりとか何らかの形で携わりたい」と笑顔だった。

 閉講式で宮古織物事業協同組合の長濱政治代表理事は「研修で宮古上布の素晴らしさを分かっていただけたと思う。さらに学び、上布の発展に尽力を」と3人の活躍に期待を込めた。

 研修事業は、宮古上布を織る技術者を確保することが狙い。宮古織物事業協同組合が実施している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!