06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
産業・経済
2018年4月8日(日)8:58

平均糖度は14・03度/沖糖宮古

搬入終了、12万6000㌧


搬入を終えた沖縄製糖宮古工場。今期は12万6000㌧を受け入れた=7日、下地上地

搬入を終えた沖縄製糖宮古工場。今期は12万6000㌧を受け入れた=7日、下地上地

 沖縄製糖宮古工場は7日午後、2017-18年産サトウキビ(原料)の搬入を終えた。86日間で計12万6072㌧を受け入れた。前期と比べて5万5000㌧の減産だが、平年並みの搬入量を確保した。平均の糖度は14・03度だった。

 沖糖は当初、約13万3500㌧の搬入量を見込んでいたが、かんがい施設がない圃場での反収(10㌃当たりの収量)の落ち込みが大きく、後に下方修正。結果として13万㌧を下回った。

 平均糖度は前期と比べて約1度低い実績だが、搬入原料のうち8割が基準糖度帯(13・1~14・3度)に達している。

 操業開始当初は13・03度と基準糖度に届かなかったが、その後は徐々に持ち直し、最終的には14度台で今期の取り引きを終えた。1㌧当たりの農家平均手取額は2万1869円。

 今期のサトウキビについて農務部では「水がある圃場とない圃場の反収に大きな差が出た」と指摘。株出し栽培では3㌧を割り込む圃場もあったという。株を立てる時期が後ろにずれた圃場ほど昨夏の干ばつの影響を受けたとみられる。

 来期に向けての好材料は株の更新。「収穫後に春植えをする生産農家が増えている」としており、来期の増産が期待できる。

 これまでに沖糖ほか宮古製糖城辺工場、同多良間工場が搬入を終えている。同伊良部工場も今月中には終了する。宮古地区全体のサトウキビ生産量は32万㌧前後になる見通しだ。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!