07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
社会・全般
2018年4月10日(火)8:58

当初予算に38億円計上/第2期国営地下ダム事業

進ちょく率は46%


新年度に完成する牧山ファームポンド=9日、伊良部牧山

新年度に完成する牧山ファームポンド=9日、伊良部牧山

宮古島市城辺の仲原と保良に地下ダムを造る第2期国営事業の2018年3月末時点の進ちょく率が46%(事業費ベース)に達している。仲原地下ダムの進ちょく率は55%。このダムと伊良部島の牧山ファームポンドをつなぐ用水路はほぼ完成しているが、畑地への散水は21年度以降になる見通しだ。第2期事業の当初予算は38億5000万円。ダムや副貯水池、用水路の整備を継続する。用水路を改修する国営施設応急対策事業には4億円を充てる。

国営第2期事業は2009年4月に着工。地下ダム2基を新設して十分な農業用水を確保し、宮古本島及び伊良部島で有効に活用することが狙い。受益面積は9156㌶。総事業費は523億円で、23年度の事業完了を目指している。

17年度末時点で、仲原地下ダムは全延長2350㍍のうち約1300㍍が完了している。用水路は約24・5㌔を設置、進ちょく率は45%となっている。

仲原地下ダムから伊良部島の牧山ファームポンドまでの延長は約23・3㌔。ほぼ完成しており、19年度内には結ばれる予定だ。

仲原地下ダムからの農業用水は、約7㌔先の宮古吐水槽、伊良部大橋を経由して伊良部島の牧山ファームポンドへ送られる。

伊良部地区で実際に散水が開始されるのは21年度以降になる見通し。畑地かんがい施設整備に向けた準備が進められており、順調にいけば同年度以降に一部の圃場でスプリンクラーによる散水が可能となる。

関連して実施されている国営施設応急対策事業の進ちょく率は10・8%。総延長6・4㌔の用水路を改修する事業で、19年度から本格的な工事に入る。

国営事業の進ちょく状況は、沖縄総合事務局宮古伊良部農業水利事業所の平良和史所長らが9日午後、市役所平良庁舎で下地敏彦市長に報告した。

報告を受けて、下地市長は「両事業ともに国の理解を得て進められている。ありがたい」と感謝した。これに平良所長は「今年度も事業をしっかりと進めていきたい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!