07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
社会・全般
2018年4月21日(土)8:56

「私宅監置」の歴史記録/県立博物館で写真展

宮古関係者の証言も展示


監置小屋のレプリカなどが展示された写真展=20日、那覇市

監置小屋のレプリカなどが展示された写真展=20日、那覇市

 【那覇支社】精神障がい者を小屋や自宅の裏座などに隔離する「私宅監置」の歴史を記録した写真展、「闇から光へ~知られざる沖縄戦後史~」が17日から、那覇市の県立博物館・美術館県民ギャラリーで催されている。会場には、宮古を含む県内各地での私宅監置について多くの写真や証言が展示されている。入場無料で22日まで。

 写真展では、復帰前の1964年に日本政府から派遣された岡庭武医師が撮影した記録写真や精神医療史の年表、当時を知る医療関係者の証言、現存する監置小屋のレプリカなどが展示されている。元宮古病院医師や元宮古保健所看護職員による、当時を振り返った証言もある。

 この写真展は、沖縄県精神保健福祉会連合会、県精神保健・医療・福祉連絡協議会が主催。同連合会の山田圭吾会長は「当事者たちの苦悩を、少しでもイメージできる展示にした。写真展を通して歴史を知ることで、現在の精神保健の課題を見つめ、差別・偏見のない沖縄社会をつくっていきたい」と話していた。

 22日には、「私宅監置の実態を知り今後を考える」をテーマに、当時の保健所職員らパネリストによるシンポジウムのほか、72年制作のTBS番組「生きていた座敷牢」の上映も同館講堂で行われる。

 同連合会では今後、宮古を含む県内各地区での巡回写真展も予定している。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!