07/03
2022
Sun
旧暦:6月5日 仏滅 丁 
イベント スポーツ
2018年4月21日(土)8:59

乾杯で健闘誓う/トライワイドーパーティー

選手、再会に笑顔/出場1661人が交流


互いの健闘を誓って乾杯。和やかに交流を深めた=20日、JTAドーム宮古島

互いの健闘を誓って乾杯。和やかに交流を深めた=20日、JTAドーム宮古島

 「やるぞ!」。第34回全日本トライアスロン宮古島大会のワイドーパーティーが20日午後、JTAドーム宮古島で開かれ、出場選手が互いの健闘を誓い合いながら交流を深めた。レースは22日午前7時号砲、1661人が限界に挑む。

 開会式後のパーティーは上野出身の歌手・宮園ゆう子さんの歌で幕開け。華やかなフラも披露された。選手は郷土料理を楽しみながらステージを満喫した。

 パーティーでは、公式ポスターのデザインコンテストの表彰式が行われ、最優秀賞を受賞した東京都の髙橋祐一郎さん(43)には賞状と副賞が贈られた。

 髙橋さんは22日のレースに選手として出場する。ロングは初めてで、「1週間前からドキドキしている」と緊張している様子。それでも「ポスターに描いたような理想のストロングマンになりたい」と話し、完走に向けて気を引き締めた。

 そのほかの選手も当日に向けて気持ちは高まるばかりだ。新潟県から参加の大塚瑠美さん(35)は、7月にデンマークで行われるロングの世界戦に参戦するほどの実力者。宮古島大会は初出場といい、「3回目の抽選でやっと通りました」と笑顔を見せ、「楽しんで走りたい」と話した。

 同じく初出場の福谷公宏さん(42)は神奈川県からの参加。「宮古島は一番人気のある大会。きれいな海でのスイムが楽しみ。順位はできれば20番以内に入りたい」と力を込めた。

 地元宮古島市からは宮川知彦さん(35)が初めて出場する。宮古高校の教職員で、同僚2人と完走を目指す。「ボランティアをするうちに刺激を受けて出る決心をした」と出場のきっかけを話し、「こうやって出場できるのも家族の支えのおかげ。家族や学校、生徒たちに感謝しながら最後まで全力で頑張りたい。目標は完走です」と話した。

 パーティーはクイチャーパラダイスの公演で盛況を博した。最後は宮古島大使リアルまもる君の「頑張ろう三唱」で締めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!