07/05
2022
Tue
旧暦:6月7日 赤口 己 
スポーツ
2018年4月22日(日)17:16

速報・第34回全日本トライアスロン宮古島大会

ブラウン逆転で2連覇 /女子は鷲津選手が4度目


2連覇を飾ったキャメロン・ブラウン

2連覇を飾ったキャメロン・ブラウン

 第34回全日本トライアスロン宮古島大会は22日午前7時、最初の種目スイム(3㌔)で幕を開け、バイク(157㌔)、ラン(42・195㌔)の3種目(総距離202・195㌔)で熱戦を繰り広げ、昨年ニュージーランドから初出場で優勝したキャメロン・ブラウン(44)が7時間52分6秒で2連覇を飾った。2位は31、32回大会優勝の戸原開人(29)=神奈川。スイム、バイクで断トツ1位だったサイモン・ヤン(31)=ドイツ=は、ランの後半で逆転され3位だった。女子も鷲津奈緒美(34)=神奈川=が9時間10分42秒で2連覇し、通算4回目の頂点に立った。

 スイム競技は、波の高さは1・5㍍。心配された天候も回復し、スタート直前には雲間から朝日が見えた。

 与那覇前浜ビーチには、白や黄のスイムキャップと黒のウエットスーツを着た選手が集結。互いに健闘を誓い

女子優勝の鷲津奈緒美

女子優勝の鷲津奈緒美

合うとともに全員で「エイエイオー、エイエイオー」と雄叫びを上げて気合いを入れた。

 選手たちは午前7時、大会長下地敏彦市長のピストルの合図で一斉に海に駆け込み、水しぶきを上げながら沖へ向かった。

 スイムコースは今大会から、ゴール地点を来間大橋側に移動。従来までの1周回3㌔から、1・5㌔の距離を2周回するコースに変更されたが、大きなトラブルは見られなかった。

 スイム出場者数は1572人(男子1382人、女子190人)。スイムリタイアは10人。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!