06/26
2022
Sun
旧暦:5月28日 友引 庚 
政治・行政
2018年4月23日(月)8:57

現職の桑江氏が再選/沖縄市長選

諸見里氏を大差で破る


当選を確実にし、万歳三唱する桑江朝千夫氏(中央)=22日午後10時10分頃、沖縄市

当選を確実にし、万歳三唱する桑江朝千夫氏(中央)=22日午後10時10分頃、沖縄市

 【那覇支社】任期満了に伴う沖縄市長選は22日に投開票が行われ、無所属で現職の桑江朝千夫氏(62)=自民、公明、維新推薦=が3万2761票を獲得し、無所属・新人で前市議の諸見里宏美氏(56)=希望、社民、社大、共産、自由、民進推薦=の1万7609票を破って二期目の当選を果たした。投票率は47・27%で、前回よりも10・46%低下した。

 桑江氏は選挙期間中、在任中に失業率が大幅に低下したことなどの実績を強調。一万人規模のアリーナ建設などで、さらなる経済活性化を訴えて市民に浸透した。諸見里氏は、待機児童ゼロや夜間中学校設立などを主張したが、惜しくも及ばなかった。

 同市長選は、県内で今年に入って南城市、名護市、石垣市に続く4回目の市長選。自公などが推す現職の桑江氏に、「オール沖縄」グループの諸見里氏が挑む構図となっていた。

 桑江氏が勝利したことで、自公候補は名護市、石垣市に続いて3連勝を果たしたことになる。自民党や公明党は、11月に想定される県知事選に弾みを付けた格好だ。

 一方、オール沖縄グループにとっては手痛い打撃となった。翁長雄志知事が膵臓(すいぞう)に腫瘍が見つかり21日には手術を行うなど、情勢が見通しにくい状況が続いており、態勢の立て直しが急がれる。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!