07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
教育・文化
2018年4月25日(水)8:57

県内全小学校へ教材贈呈/JAグループ沖縄

「おきなわの農業」など


富川副知事(右から3人目)に目録を贈呈した大城理事長(左から3人目)と砂川会長(右から2人目)ら=24日、県庁

富川副知事(右から3人目)に目録を贈呈した大城理事長(左から3人目)と砂川会長(右から2人目)ら=24日、県庁

 【那覇支社】JAおきなわ、JA沖縄中央会、農林中央金庫那覇支店などで構成するJAグループ沖縄は24日に県庁を訪ね、富川盛武副知事に学校補助教材の全国版「農業とわたしたちのくらし」と、県版副読本「おきなわの農業」の各約2万4000冊を贈呈した。県内すべての小学校280校に配布され、5年生の授業で活用される。

 贈呈式では、JAおきなわの大城勉理事長が「広く教育現場で活用され、多くの子どもたちが農業に興味を持ち、将来の沖縄農業の支えになるよう期待したい」とあいさつした。

 JA沖縄中央会の砂川博紀会長は「教材本を通して、次代を担う子どもたちに食の基本である農業への理解を深めてほしい」と期待を込めた。

 目録の贈呈を受け、富川副知事は「農業は食と命の根源であり、それを子どもたちに認識させるのは重要な課題。学校では教材を通して農業の知識を広めてほしい」と話した。

 JAグループでは、子どもたちに食や環境、農業への関心と理解を深めてもらおうと、08年から全国版教材を毎年県に寄贈している。今回は11回目。

 JAグループ沖縄が17年度に制作した県版副読本「おきなわの農業」は、沖縄の気候や土壌、農家人口のほか、主な農畜産物について「どこで?何を?どのくらい?」生産しているかなど、幅広いテーマを取り上げている。学校現場の要望に応えて今年度も引き続き贈られた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!