07/07
2022
Thu
旧暦:月日   
産業・経済
2018年4月26日(木)8:55

入域観光客957万人達成/17年度県内

5年連続で過去最高更新

 【那覇支社】県は25日、2017年度の入域観光客数が前年度比80万9800人(9・2%)増の957万9000人となり、目標の950万人を達成したと発表した。過去最高を更新するのは5年連続。全ての月で前年同月を上回り、各月の過去最高を更新したほか、8月は初めて単月で100万人を突破した。18年度の目標には、1000万人達成を掲げた。


 会見で富川盛武副知事は「これまでの官民一体となった誘客プロモーション活動や沖縄の認知度向上など、政策が功を奏したと考えている」と述べた。

 国内観光客は688万7000人で前年度比24万6900人(3・7%)増で、5年連続で過去最高を更新した。要因として県は①台風の影響はあったが景気回復基調が継続した②宮古-名古屋線や那覇-北九州線の新規就航など航空路線の拡充③各離島直行便も好調だった-ことなどを挙げた。

 外国人観光客は、269万2000人で同万2900人(26・4%)増となり、10年連続で過去最高を記録した。訪日旅行の人気が継続していることに加え、沖縄発着航空路線の新規就航と既存路線の増便、クルーズ船の寄港回数が夏場を中心に大きく増えたことも理由とした。

 地域別の動向では、空路・海路客ともに増加した台湾が81万3000人で初めて80万人を突破したほか、韓国(54万4800人)と中国本土(54万6000人)も過去最高を更新し、初の50万人台となった。
 18年度の目標について県は、17年度比42万人(4・4%)増の1000万人を掲げた。内訳では、国内観光客数を同万人(1・6%)増の700万人、外国人観光客数を同31万人(11・4%)増の300万人とした。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!