07/18
2024
Thu
旧暦:6月13日 赤口 癸 
政治・行政
2018年4月27日(金)8:55

異常気象時の連絡体制確認/市村長と気象台長

「首長ホットライン」訓練実施


ホットライン訓練を実施する下地市長(左)と松田台長(右)=25日、市役所平良庁舎、宮古島地方気象台(写真提供・いずれも宮古島地方気象台)

ホットライン訓練を実施する下地市長(左)と松田台長(右)=25日、市役所平良庁舎、宮古島地方気象台(写真提供・いずれも宮古島地方気象台)

 宮古島地方気象台(松田博之台長)と、下地敏彦市長、伊良皆光夫村長間の「首長ホットライン訓練」(通称)が25日、行われた。下地市長と午前10時30分に、伊良皆村長とは同11時に訓練を実施した。

 「首長ホットライン」は、顕著現象時(異常気象時)に防災や被害の軽減のため、下地市長と伊良皆村長の防災対策にかかる判断に資することを目的として、松田台長との間で、ホットラインで気象状況に関する助言を行ったり、首長から気象状況に関して助言を求めるために市、村と気象台との間で構築された連絡体制。(「首長ホットライン」は気象庁での通称)。気象台と担当者間のホットラインは「担当者ホットライン」。

 昨年の台風18号による宮古島市の避難準備、高齢者等避難開始情報の発令時には、発令の直前に、松田台長から市長へホットラインを実施した実績がある。

 この連絡体制は過去の災害を顧みて、気象庁が積極的に助言すべきであるとの国土交通省交通政策審議会気象分科会の提言を受けて、気象庁が市町村の防災対応を支援する施策の一つで、この連絡体制は、他の気象台でも構築されている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!