06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
産業・経済
2018年4月28日(土)8:55

経常利益92億円で過去最高/JTA3月期決算

2期ぶりの増収増益


JTA2018年3月期決算であいさつする丸川潔社長=27日、那覇市

JTA2018年3月期決算であいさつする丸川潔社長=27日、那覇市

 【那覇支社】日本トランスオーシャン航空(JTA、丸川潔社長)は27日、2018年3月期決算(17年4月1日~18年3月31日)を発表した。経常利益が対前期比21・3%増の92億円、当期純利益も同19・0%増の63億円で、それぞれ過去最高を更新して2期ぶりの増収増益となった。新機材導入による整備費の大幅な減少などが寄与した。

 売上高は、対前期比2・1%増の411億円。競合他社との競争による旅客単価の減少を、座席数が多い新機材ボーイング737-800型機の投入による旅客数増の効果が上回った。売上高の約9割を占める旅客収入は352億円で、同3・4%増だった。

 貨物・郵便収入は、上期は台風が少なく堅調に推移したものの、下期は天候不良による野菜・果実類の不作と生鮮魚介類の出荷減少で、同2・3%減の23億円となった。

 付帯事業収入も、琉球エアーコミューター(RAC)の機材更新完了による受託整備の減少で16・3%減の18億円と前期を大きく下回った。営業費用は、新機材導入に伴う整備費の大幅な減少などで同2・8%減の317億円となった。

 18年度の通期業績見通しについては、引き続き好調な観光需要が見込めるとして、売上高は前期比1・8%増の419億円を見込んだ。当期純利益は、機材更新のほか、人件費やサービス向上に伴う費用の増加を踏まえ、同6・1%減の59億円とした。

 丸川社長は「競合他社との競争で、旅客単価が安くなる傾向があり、多くの乗客に利用してもらうための施策を中心にやってきた。18年度もしっかり事業環境を維持するためにも、緊張感を持って取り組んでいる」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!