06/25
2022
Sat
旧暦:5月27日 先勝 己 
教育・文化
2018年5月1日(火)8:57

平良安江さんが優勝

第4回とうがにあやぐ大会


審査発表後、歌声を披露する優勝した平良さん=4月29日、カママ嶺公園

審査発表後、歌声を披露する優勝した平良さん=4月29日、カママ嶺公園

 第4回とうがにあやぐ大会(主催・沖縄宮古民謡協会、宮古民謡協会、宮古民謡保存協会、主幹・沖縄宮古民謡協会)が4月29日、カママ嶺公園内のとうがにあやぐ歌碑前の特設ステージで開催された。島、県内外から31人が出場し、予選を勝ち抜いた20人が、宮古島を代表する民謡「とうがにあやぐ」を披露し、自慢の歌声を響かせた。平良安江さん(城辺)が第4回大会優勝の栄誉に輝いた。


 連続3回の出場で念願の優勝を果たした平良さんは「緊張して声も出なかったので、だめかと思っていたが、優勝できてとてもうれしい。とうがにあやぐは大好きな曲。歌えば歌うほど難しい。先人たちが歌い継いできた歌をこれからも大事に歌っていきたい」と初優勝の喜びを語った。

 大会は午前10時、宮古民謡三協会の会長らが歌碑前で「とうがにあやぐ」を奉納した。大会本選は亀浜律子舞踊研究所による踊り、三協会代表の三線などによる「とうがにあやぐ」で幕を開けた。本選に出場した20人が、それぞれの思いを込め歌声を響かせた。

 宮古民謡協会顧問の村吉順栄さんが「調弦、音程と思い入れの3点で審査した。第4回を迎え、全体的にレベルは向上している。今後とも宮古の大事な歌を皆さんで育ててほしい」と審査講評を述べた。

 大切に歌い継がれてきた「とうがにあやぐ」の素晴らしさを再認識し、その保存、継承と芸能文化の普及発展などを目的に大会を開催している。

 第4回大会の入賞者は次の通り。(敬称略)
 優勝=平良安江(宮古島市)▽準優勝=前泊真季(同)▽3位=漢那林(同)▽審査員特別賞=宇保祐哉(石垣市)▽三協会会長賞=砂川彩夏(宮古島市)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!