07/02
2022
Sat
旧暦:6月4日 先負 丙 
産業・経済
2018年5月16日(水)8:58

こし、粘りに高評価/宮古島産の新ソバ試食会

宮古島産の新ソバを味わう招待客の皆さん=15日、あらだてぃ

宮古島産の新ソバを味わう招待客の皆さん=15日、あらだてぃ

 宮古島産新ソバのお披露目会が15日、上野新里のファーマーズキッチン「あらだてぃ」であった。招待客40人が新ソバを食べ、宮古島産特有のこし、粘り、甘みを感じながら新鮮なソバの美味を堪能した。

 宮古島穀物生産組合(新里五尾組合長)が主催して開いた。観光関連企業や市の職員を招待し、今年最初のソバを振る舞った。

 招待客の皆さんは「おいしい」と言いながら新ソバに舌鼓を打った。下地敏彦市長は「いつも食べるソバよりこしがありしっかりしている。おいしい」と高く評価し、「キビの間作でできる作物。新しい品目として期待したい」と話した。

 今年の宮古島産ソバは4月下旬に収穫を開始。6月の初めまで続くといい、今期は約25㌧の出荷を目指しているという。

 新里組合長は「今年は良い栽培ができている。毎年コンスタントに出荷量を増やせているので、今後も頑張りたい」と一層の生産振興に意欲を見せた。

 本土でソバの出荷が始まるのは早い産地でも9~10月。宮古島産は夏場に出せるという利点があり、引き合いも強いという。

 宮古島産を取り扱う熊本製粉の内藤摂さんは「この時期に、良いものを、良い状態で、欲しい時に出せるのが大きい。フレッシュなソバを供給できるという点は強みになる」と話し、出荷量の増加を期待した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!