06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
環境・エコ
2018年5月20日(日)8:58

「緑を大切に育てる」

県植樹祭で決議


第69回県植樹祭で大会決議を読み上げる石川君と宜野座さん=19日、宜野座村

第69回県植樹祭で大会決議を読み上げる石川君と宜野座さん=19日、宜野座村

 【那覇支社】「宜野座発!水と緑のハーモニー」をテーマに、第69回県植樹祭(主催・県、宜野座村、県緑化推進委員会)が19日、道の駅ぎのざ・観光拠点施設で開催され、自治体関係者のほか、市民や小中学生などが参加し、クロトンやコバノサンダンカなど1000本を植樹した。県森林組合会長の下地敏彦宮古島市長も出席した。


 主催者あいさつで、謝花喜一郎副知事は「植樹祭で多くの緑が創出され、観光産業の振興につながるだけでなく、県民が緑や水環境について考え、緑を増やす実践運動が広がるよう期待したい」と述べた。

 開催地を代表して、當眞淳村長は「植樹祭の開催を機に、村民ひとり一人が緑化への理解を深め、緑豊かな古里を次の世代に引き継いでいけるよう、村民参加型の緑化運動を展開していきたい」と話した。

 来年の開催地となる豊見城市の宜保晴毅市長は「宜野座村での開催を参考にして、次年度は『ひと・そら・みどりがつなぐ響むまちとみぐすく』の実現を目指して取り組みたい」と述べた。この後、當眞村長から宜保市長にハイビスカスの苗木が贈呈された。

 大会決議では、同村立漢那小学校緑の少年団代表の石川晄大君(6年)と宜野座彩未さん(同)が、「私たちの植えた苗木一本一本が大きく育ち、人々の心を癒やし、豊かな心を育み、次世代の資源へと引き継いでいくために、この緑を大切に育てる」と決議文を読み上げた。

 植樹祭を終え、下地市長は「県内市町村の持ち回りで木を植えていくことで、緑がいっぱい育つ。宮古は森林率が低いので、たくさん木を植えていきたい」と話した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!