07/04
2022
Mon
旧暦:6月6日 大安 戊 
社会・全般
2018年5月25日(金)8:55

県民投票へ署名活動開始/那覇でキックオフ集会

キックオフ集会で「話そう基地のこと 決めよう沖縄の未来」を唱和する参加者ら=23日、那覇市

キックオフ集会で「話そう基地のこと 決めよう沖縄の未来」を唱和する参加者ら=23日、那覇市

 【那覇支社】普天間飛行場の名護市辺野古への移設の是非を問う県民投票の実現を目指す市民団体「『辺野古』県民投票の会」(元山仁士郎代表)は23日、那覇市の沖縄かりゆしアーバンリゾート・ナハでキックオフ集会を開催し、県民投票条例の制定を求める署名活動を開始した。集会には、学生や市民ら約200人余が参加した。

 元山代表はあいさつで「沖縄は今後どうなっていくのか。基地問題だけではなく経済のあり方や教育、貧困、医療などの問題がある。県民投票を通じて、それぞれの問題意識や課題を共有しながら、話し合ってほしい」と述べた。

 続いて、新垣勉副代表が「日本の歴史をひもといてみても、国策に抗し、県民レベルで民意を問うのはこの運動が初めてだ。県民の声を県民投票という形で、一つにまとめるという大きな活動が今日から始まった」と強調した。

 また、呉屋守将顧問は「米国や日本政府は沖縄に米軍基地を押し付けようとしている。これは私たちが求める沖縄の姿ではない。こんな沖縄は許されないということを求めて県民投票をやる。145万の県民が子や孫のためにも、声を出して頑張り抜こう」と呼び掛けた。

 集会の最後には、参加者全員が互いに手をつなぎ「話そう基地のこと 決めよう沖縄の未来」と唱和し、県民投票の実現に向けて決意を新たにした。

 同会は、署名の目標数として、県民投票を直接請求することが可能になる、県有権者数の50分の1に当たる2万4000筆が少なくとも必要としている。

 条例制定を求める請求代表者としては、学生や会社役員、弁護士など33人が参加。宮古関係では、奥平一夫氏が名前を連ねている。

 署名活動や寄付金についての詳しい問い合わせは、同会(電話098・951・3655)まで。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!