07/04
2022
Mon
旧暦:6月6日 大安 戊 
社会・全般
2018年5月29日(火)8:56

全国大会出場を報告/宝物グランプリ

宮古島大会上位入賞者


下地市長(右から3人目)に「JAPANグランプリ」出場を報告する砂川さん(同2人目)と前川常務(左から2人目)、松吉代表(同3人目)と関係者=28日、市役所平良庁舎

下地市長(右から3人目)に「JAPANグランプリ」出場を報告する砂川さん(同2人目)と前川常務(左から2人目)、松吉代表(同3人目)と関係者=28日、市役所平良庁舎

 「宮古島宝物グランプリ2017」のグランプリ、準グランプリ受賞者で今月31日から東京で開催される全国大会「にっぽんの宝物JAPANグランプリ2018」に出場する徳洲会伊良部診療所管理栄養士の砂川和枝さん、いちばの前川勝信常務、レッドドラゴンの松吉秀樹代表が28日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね、出場を報告するとともに抱負を語った。

 砂川さんといちばは、宮古島産マンゴーを使った砂川さん考案の「マンゴー村のパンナコッタ」でグランプリを、松吉代表は宮古島産ドラゴンフルーツやニンニクを使った「レッドドラゴンシュリンプソース」で準グランプリを獲得した。

 31日から6月2日まで開催される「にっぽんの宝物JAPANグランプリ」で砂川さんといちばは、グランプリ受賞作のほか宮古島の風景からイメージして新たに考案した「海色パンナコッタ」と「夕焼けパンナコッタ」を加えた3点を「ぜいたくパンナコッタ」と題し出品。松吉代表は準グランプリ受賞作を出品する。

 平良庁舎を訪れた3人は下地市長に「JAPANグランプリ」への出場を報告。グランプリ受賞者は世界大会へ出場できることも紹介した。砂川さんは「多くの皆さんに食べてもらい、世界大会出場を目指し頑張りたい」。松吉代表は「宮古島産のドラゴンフルーツを使った商品を日本中にアピールしたい」とそれぞれ語った。

 下地市長は「ぜひ日本一を目指してほしい」と激励した。

 2組のほか宮古島から「JAPANグランプリ」へ浜口水産といもともやが物産展へ、オルタナティブファームが物産展委託販売で参加する。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!