02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
政治・行政
2018年6月22日(金)9:00

下地島空港2次交通確保へ/市議会一般質問

アクセス調査事業を実施
市がターミナル供用開始向け


下地島空港ターミナル供用開始に向け、2次交通確保に向けた調査を実施することが説明された6月定例会一般質問=21日、市議会議場

下地島空港ターミナル供用開始に向け、2次交通確保に向けた調査を実施することが説明された6月定例会一般質問=21日、市議会議場

 来年3月に供用開始を予定している下地島空港ターミナルの2次交通確保に向け、市は今年度予算で同空港観光アクセス調査事業費用を計上し、調査を実施することが21日に行われた市議会6月定例会の一般質問で分かった。上地廣敏氏の質問に答えた。


 下地島空港旅客ターミナル施設整備事業は三菱地所により進められており、2019年3月に開業を予定している。

 三菱地所は国内外のエアラインと交渉を進めており、中期的には台北、香港、ソウル、中国上海からの定期便就航を計画するほか、国内線は都市圏からLCCも誘致する。

 ターミナルが供用開始となれば、国内外から多くの観光客が訪れて、市内の広範囲の場所へのアクセスが見込まれている。

 友利克企画政策部長は「同空港は現在、定期就航が運休状態で2次交通が確保されていないので、今年度に一括交付金を活用して同空港観光アクセス調査事業を実施することにしている。開港に合わせて2次交通確保に向けた取り組みを行いたい。現在、その調査にかかる業者選定はすでに済ませてある」と説明した。

 また、上地氏は「同空港の供用開始が一部報道で遅れるとの話がある」とし、今後のスケジュールについても市に説明を求めた。

 友利部長は「三菱地所からは市に対して供用開始が遅れるとの報告は来ていない。予定通り、来年3月の供用開始に向けて進んでいると思う」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!