07/13
2024
Sat
旧暦:6月8日 先勝 戊 
産業・経済
2018年6月27日(水)8:55

マンゴーの規格確認

目ぞろえ会で着色基準を共有/市産地協議会


出荷規格などを確認する生産農家ら=26日、市役所上野庁舎

出荷規格などを確認する生産農家ら=26日、市役所上野庁舎

 2018年産宮古島マンゴーの本格出荷を前に、市産地協議会は26日午後、市役所上野庁舎で目ぞろえ会を開いた。生産農家が参加し、果実の着色基準など出荷の規格を確認した。

 目ぞろえ会では、JAの担当者が収穫のタイミングなどを説明し、「果実が鮮紅色に発色し始めたころが収穫の適期」と勧めた。

 この状態で収穫した果実は、鮮紅色の状態になってから収穫した果実と比べても糖度など果実の品質に差はないとも紹介した。

 また、果柄を切ったときに起きる「液だれ」に注意するよう助言。樹液が果実を汚さないよう切り口を下にして、タオルなどで樹液を吸収するよう促した。

 その上でA品、B品、C品の規格を説明した。生産者らは、実際の果実を見て良品の認識を深めた。

 栽培講習会も行われ、県宮古農林水産振興センター農業改良普及課の渡久山みきさんが講話した。果実に日焼けが発生しないようハウス内の暑さ対策に万全を期すよう呼び掛け。対策として▽風通しを良くし、遮光・遮熱資材を使用して熱源を入れない▽こまめなかん水-などを挙げた。

 県などによると、18年産マンゴーは約520㌧の生産が見込まれている。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!