02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
社会・全般
2018年6月30日(土)8:57

届け「ニッポン!」コール/サッカーW杯

1次リーグ突破に歓喜


日本が決勝トーナメント進出を決めた瞬間、喜びを爆発させるサポーター=29日、スポーツダイナー「スーパースター」

日本が決勝トーナメント進出を決めた瞬間、喜びを爆発させるサポーター=29日、スポーツダイナー「スーパースター」

 サッカーワールドカップの日本-ポーランド戦が行われた28日夜、宮古島市内でも多くのサポーターが集まり、モニター越しに熱い声援を送った。平良西里にあるスポーツダイナー「スーパースター」には約200人が詰め掛けて観戦。日本が決勝トーナメント進出を決めると「ニッポン!ニッポン!」の声を響かせた。

 バーには、キックオフの午後11時に合わせて続々とサポーターが訪れた。地元市民のほか、日本代表のユニホームを着て来場する観光客の姿もあった。

 試合が始まると会場の熱気は一気に上昇。日本の勝利を信じ、チャンスの場面では歓声と指笛、ピンチを切り抜けると大きな拍手を送ってプレーを見届けた。

 日付が変わって29日、日本は惜しくも0-1で敗れたが、同組のセネガルを順位決定規定で上回り、2大会ぶりとなる決勝トーナメント進出を決めた。

 この瞬間、会場は興奮のるつぼに。「やった」「決勝トーナメントだ!」などと叫びながらリーグ突破の喜びを共有していた。

 平良に住む三輪英一さんは「このグループを勝ち抜けたことはすごい。前の2試合の頑張りがとても大きいと思う」と評価して笑顔を見せた。「終盤はこういうプレーをしないと勝てないんだなあと思わせたが、実を取った。素晴らしい」とたたえた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!