06/24
2022
Fri
旧暦:5月26日 赤口 戊 
政治・行政 社会・全般
2010年12月5日(日)9:00

日米同盟の役割論議/日米同盟シンポ

フロアから活発な質問


日米同盟の重要性を説いたパネリスト=4日、平良港ターミナルビル

日米同盟の重要性を説いたパネリスト=4日、平良港ターミナルビル

 日米同盟の将来~東アジアの安全保障と核政策~と題したシンポジウム(在沖米国総領事館、パシフィックフォーラムCSIS共催)が4日、平良港ターミナルビルで行われた。


 米国シンクタンクのCSISから安全保障の専門家R・コッサ、B・グロッサーマン、D・クリマンの3氏と防衛大学の山口昇教授、岡崎研修所の小谷哲男特別研究員がパネリストとして参加した。


 朝鮮半島の核実験や中国の軍事力増強という東アジアの地域情勢の中、日米同盟がどのような役割を果たせるかが論議された。
 CSISのコッサ氏は「中国脅威論と朝鮮半島の現状は日米2国間の同盟関係をより強固なものにした」と述べた。
 グロッサーマン氏は「両国間の平和と繁栄のために日米同盟は礎石としての役割を担ってきた」とその重要性に言及した。


 フロアーからの「日米同盟を強化する上で障害になっているものはあるか」との質問に対し、パネリストからは「日本が安全保障の中でどのような役割を果たすかを明確に示すことが必要」「リーダーが短期間で替わると強固な人間関係が作りにくい」などの意見が出た。
 米軍普天間基地についてコッサ氏は「誰しも自分の近くに基地はほしくないと考える。これまで約13年間移設先の候補地が多く挙がったが、現在の候補地に移すのが一番良い選択に思える。白紙に戻すことはできない」と述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!