02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
社会・全般
2018年7月22日(日)8:56

エコ活動に役立てて/イオン琉球

WAON決済金一部を寄付


マックスバリュ先島運営部長の大城さん(中央右)から長濱副市長に寄付金が贈呈された=21日、下里公設市場前の特設ステージ

マックスバリュ先島運営部長の大城さん(中央右)から長濱副市長に寄付金が贈呈された=21日、下里公設市場前の特設ステージ

 イオン琉球(本社南風原町、佐方圭二社長)は21日、電子マネー「WAON」カードを利用して支払われた金額の0・1%に当たる87万円余を宮古島市に寄付した。寄付金は市のエコ活動に役立てられる。

 市とイオンは2015年7月に、エコアイランド宮古島の推進や地域振興を図ることなどを狙いに地域貢献協定を締結した。

 同年7月25日に「エコアイランド宮古島WAONカード」を発行。このカードで支払われた金額の一部を市に寄付し、エコ活動に充てる。

 今回の寄付金87万円余を含めて、イオン琉球はこれまでに約208万円を市に寄付している。

 宮古島夏まつりの特設ステージで行われた贈呈式でイオン琉球マックスバリュ先島運営部長の大城義規さんは「『毎日のお買い物で地域を元気に!』を合言葉に取り組んでいる。これからも市の発展の一助になりたい」と話し、寄付金の有効活用を期待した。

 受け取った長濱政治副市長は「市は環境に優しい島づくりを打ち出しているが、その考え方に賛同してくれているのがイオン琉球だ」と感謝し、「WAONカードによる寄付金は宮古島に還元する」とエコ活動の充実を約束した。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!