07/07
2022
Thu
旧暦:6月9日 友引 辛 小暑
政治・行政
2018年7月25日(水)8:57

クルーズ船拠点整備へ支援要請/下地市長が謝花副知事に

謝花副知事への要請後、記者団の質問に答える下地敏彦市長=24日、県庁

謝花副知事への要請後、記者団の質問に答える下地敏彦市長=24日、県庁

 【那覇支社】宮古島市の下地敏彦市長は24日、県庁に謝花喜一郎副知事を訪ね、平良港で進むクルーズ船拠点整備に対して支援を求めた。要請後、下地市長は記者団に対し「(副知事から)力強い支援をいただけるという(趣旨の)発言があった」と述べた。

 下地市長によると、要請では、謝花副知事に対して「平良港は(国土交通省から)クルーズの拠点港に認定されており、14万㌧級のクルーズ船が接岸できるよう、2年後の完成を目指して進めている。しっかりした形で進めないとクルーズ船に十分な対応ができない。計画通りに進めたいので、県の支援をお願いしたい」と求めた。

 謝花副知事は「沖縄県全体の観光を引き上げているのは、クルーズ船だ。宮古に対しても大型クルーズ船が来ることができるように支援するのは当然だ」と応じたという。

 国土交通省は昨年1月、平良港や本部港など国内6港を「官民連携による国際クルーズ拠点」に選定。クルーズ船運航会社の資金も活用した施設整備を目指している。

 平良港は14万㌧級の大型クルーズ船が寄港可能にするよう計画しており、供用開始は2020年4月の予定。

 内閣府沖縄総合事務局も、今年3月に公表した同事務局開発建設部の2018年度主要事業と予算で、平良港国際クルーズ拠点整備事業に25億6000万円を計上している


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月30日(木)9:00
9:00

平良港にクルーズ船/専用バースに初接岸

県内最初2年4カ月ぶり/国内船178人乗せ   国内クルーズ船の「ぱしふぃっく びいなす」が29日、平良港の専用バースに寄港した。新型コロナウイルス感染拡大による影響で、県内への寄港は休止されていたが、県内最初で2年4カ月ぶりに受け入れが再開された。…

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!