12/06
2021
Mon
旧暦:11月3日 先勝 戊 
産業・経済
2018年8月2日(木)8:57

イセエビ漁が解禁

キロ4000円の高値取引/例年より1カ月遅れ


解禁初日から大きなイセエビが水揚げされた=1日、荷川取漁港

解禁初日から大きなイセエビが水揚げされた=1日、荷川取漁港

 県内のイセエビ漁が1日解禁され、宮古地区では生きのいいイセエビが水揚げされた。昨年に引き続き1㌔当たり4000円の高値で取引されるなど関係者を喜ばせた。

 午前6時すぎに、荷川取漁港にイセエビを水揚げした「米丸」の伊舎堂正士船長は「初日の水揚げとしては量は少ないが質は良い。今回から解禁日が1カ月遅くなり厳しい面もあるが、個体数が減少している中では仕方ない。2~3年くらいでその効果が出て数が増えることを期待している」と話した。

 伊舎堂さんが水揚げしたイセエビは、市内でレストランを経営する長浜司さんが引き取った。

 長浜さんは「新鮮なイセエビは刺し身、みそ汁など何にしてもおいしい。7月は問い合わせも多かったので、ようやく解禁となって良かった」と笑顔になった。

 宮古島漁業協同組合によると、この日は約30㌔が競りにかけられたという。

 イセエビ類の解禁日は例年7月1日だが、沖縄海区漁業調整委員会指示に基づく新制度に伴い、今年から1カ月遅れとなった。

 新制度では、イセエビ類とセミエビ類は4月1日~7月31日までが禁漁期間に定められ、8月1日~翌年3月末日までが解禁期間となっている。


カテゴリー新着

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!