06/27
2022
Mon
旧暦:5月29日 先負 辛 
イベント
2018年8月8日(水)8:58

「眠りの島」を上演へ

18、19日 劇団かなやらび/市長に来場要請


下地市長(中央)に「眠りの島」上演を報告した伊禮さん(右から2人目)ら劇団員たち=7日、市役所平良庁舎

下地市長(中央)に「眠りの島」上演を報告した伊禮さん(右から2人目)ら劇団員たち=7日、市役所平良庁舎

 劇団かなやらびのリーダー伊禮二千花さん(宮高2年)ら団員7人が7日、市役所平良庁舎に下地敏彦市長を訪ね18、19日にマティダ市民劇場で同劇団プロデュースのファンタジー作「眠りの島」を上演することを報告した。伊禮さんは「私たちがどれだけ成長して舞台を作り上げているのか、ぜひ見に来てほしい」と来場を呼び掛け。下地市長は「必ず見に行きます」と快く応じた。

 同劇団は宮古島の小学生から高校生までが所属。これまで「ミャークファンタジー」と題し「碧の涙雨」と「クスムヌドゥムタ」という2作品を発表している。

 今回上演する「眠りの島」はその第3弾で、今公演に向け行ったオーディションで選抜された5人を含む25人の団員が出演する。

 「眠りの島」は、豊かさを求めすぎたため大地が枯れ果ててしまい、人間が海上へ追いやられた世界で、対立する精霊と人間の関係の変化を描いたストーリー。脚本、演出は「島ピエロのゆずちゃん」こと明石光佐さん。

 7人の団員は、下地市長に作品の見どころなどを紹介したほか、これまでの2作品では大人のゲストが出演していたが、今回は初めて子供だけで演じることも説明した。

 上演時間は18日が午後6時から、19日は午後3時から。料金は前売りが500円、当日700円。未就学児は無料。前売り券はこめ米屋、Booksきょうはん宮古南店、TSUTAYA沖縄宮古島店、市内のファミリーマート各店で発売中。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年6月15日(水)9:00
9:00

沿岸海域が国定公園に/宮古島市

環境省、指定候補地へ選定/市「うれしいニュース」   八重干瀬や池間島、宮古島の一部地域などを国定公園指定に向けて動き出していた宮古島市に14日、うれしいニュースが届いた。環境省が国定公園の新規指定候補地として宮古島を選定。エリアは、宮古島沿岸海域で…

2022年6月12日(日)9:00
9:00

マンゴー共和国を建国/島の駅みやこ

大統領、シーズン到来を宣言   宮古島産マンゴーの全国区ブランド化を目指した「マンゴー共和国」の2022建国式が11日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の下地義治会頭が「大統領」に就任して建国を高らかに宣言するとともに、今年も島産マンゴーのシ…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!