02/02
2023
Thu
旧暦:1月12日 赤口 辛 
産業・経済
2018年8月8日(水)8:57

月間搭乗率は60・9%/ANA福岡直行便

6月から期間運航


宮古へ到着したANAの福岡からの直行便。期間限定運航1カ月での搭乗率は60・9%だった=7日、宮古空港

宮古へ到着したANAの福岡からの直行便。期間限定運航1カ月での搭乗率は60・9%だった=7日、宮古空港

 全日空(ANA)はこのほど、6月の輸送実績を発表した。6月1日から期間限定での運航をスタートさせた福岡-宮古直行便は、提供座席数7560席に対し旅客数は4605人で、搭乗率は60・9%だった。

 ANAの福岡-宮古直行便の運航は1998年10月以来の約20年ぶり。便数は1日1往復2便で、発着時間は往路が午前10時5分福岡発、正午宮古着。復路は午後0時45分宮古発、同2時45分福岡着。使用機材はボーイング737-500で、座席数は126席。

 ANAは昨年6月17日から10月28日まで、中部(名古屋)-宮古直行便の期間限定運航を実施。その実績を踏まえて同路線は今年3月25日から通年運航となっていることから、福岡-宮古直行便も通年運航となることに観光関係者らから期待が寄せられている。

 6月1カ月の宮古発着のそのほかの路線の搭乗率は、羽田-宮古線が89・5%、関西-宮古線は85・6%、中部-宮古線は60・2%、那覇-宮古線は76・8%だった。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!