02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
スポーツ
2018年8月12日(日)8:56

アララガマボーイズ帰島/離島甲子園

準優勝の健闘たたえる


離島甲子園で準優勝と健闘したアララガマボーイズのメンバーと関係者=11日、宮古空港

離島甲子園で準優勝と健闘したアララガマボーイズのメンバーと関係者=11日、宮古空港

 宮古島アララガマボーイズは11日、第11回全国離島交流中学生野球大会で準優勝という成績を収めて帰島した。宮古空港には横断幕を掲げた保護者や関係者が詰め掛けて、選手たちの健闘をたたえて拍手で出迎えた。

 空港ロビーで出迎え式が行われ、宮國博教育長は、決勝まで勝ち上がった選手たちをねぎらい「正々堂々と胸を張ってこの成績を誇ってもらいたい。今日は体を休めて、明日から気を入れ直してスポーツや勉学に頑張ってほしい」と述べた。

 砂辺正人監督は3連覇という目標が達成できなかったことを残念がったが「このチームは調整期間が1週間と短かったのでコミュニケーション不足の感があったが、一戦ごとに成長してどんどん強くなっていく選手たちを頼もしく思った。今後の学校生活に生かしてくれると思う」と報告した。

 宮國明也主将は「選抜チームで野球ができたことは楽しかった。さよならパーティーではチームの3人が伝統芸能のエイサーを披露して、他のチームと交流を深めることができた」と話し支えてくれた人たちにお礼をした。

 宮古島アララガマボーイズは1回戦4-0隠岐島あんやらーず、2回戦10-2西表ヤマネコ・ティダボーイズ、準々決勝11-3奄美市選抜、準決勝3-2壱岐市選抜と勝ち進んだ。決勝で佐渡市選抜1-2に惜しくも敗れたが準優勝という成績を収めた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!