07/13
2024
Sat
旧暦:6月8日 先勝 戊 
社会・全般
2018年9月6日(木)8:56

心体の健康づくりへ/労働衛生大会で決意

スローガンを指さし呼称で唱和する参加者ら=5日、市中央公民館

スローガンを指さし呼称で唱和する参加者ら=5日、市中央公民館

 2018年度宮古地区労働衛生大会(主催・一般社団法人県労働基準協会宮古支部ほか)が5日、市中央公民館で行われた。「心と体の健康確保にまい進する」とした大会宣言を採択したほか、参加者全員で今年度のスローガン「こころとからだの健康づくり みんなで進める働き方改革」を指さし呼称で唱和した。同大会は10月1~7日までの第69回全国労働衛生週間の一環として行われた。

 県労働基準協会宮古支部の上里明通支部長は「職場健診の結果を見ると、県の有所見率は7年連続ワースト1と憂慮すべき事態となっている。官民一体となったなお一層の啓蒙(けいもう)活動の取り組みが必要」と呼び掛けた。

 「働き方改革関連法」などについて講話した沖縄労働局雇用環境・均等室、働き方・休み方改善コンサルタントの山川訓子さんは「日本の人口は減少局面を迎えており、2065年には総人口が9000万人を割り込み、高齢化率は38%台の水準になると推計されている」と指摘。その上で「少子高齢化による労働人口減少、人手不足の現状の解消に向け、女性や高齢者が働きやすい環境を整備することが必要」と強調した。

 特別講演を行った医療法人下地診療所の打出啓二理事長は、受動喫煙がもたらす健康被害を紹介。喫煙が人体に及ぼす有害な影響を各種データで示した。


記事の全文をお読みになりたい方は、宮古毎日新聞電子版のご購読をお勧めします。
まずは2週間、無料でお試しください。

無料試読お申込み

すでに購読中の方はログイン

カテゴリー一覧

観光関係

2024年5月24日(金)9:00
9:00

観光映像祭で準グランプリ

宮古上布テーマのPR映像 宮古島観光協会(吉井良介会長)の持続可能な観光PR映像「a letter from 島を継ぐ」が第6回日本国際観光映像祭で準グランプリに輝いた。また、地方観光カテゴリでは最優秀賞を受賞した。

2024年5月21日(火)9:00
9:00

「ゴツン」角突き合い 多良間ピンダアース大会

【多良間】第25回多良間島ピンダアース大会(主催・同実行委員会)が19日、村多目的広場で行われた。3階級に計29頭が出場し、角と角を激しくぶつけ合うなどして熱戦を繰り広げた。重量級は伊良部島から参加した「ジャックダニエル・イー号」が初優勝を飾った。

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!