02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
政治・行政
2018年9月14日(金)8:57

体罰で懲戒処分/県教育委員会

市内中学校の男性教諭

 【那覇支社】県教育委員会は13日、宮古島市内の中学校の男性教諭(48)が男子生徒に体罰を加え、けがを負わせたとして、同日付で2カ月(9、10月)の減給10分の1とする懲戒処分にしたと発表した。

 県教委によると、男性教諭は6月25日、運動会で行う組み体操の三段ピラミットの練習を指導した際、ふざけていた中学1年生の男子生徒に注意するため、男子生徒が四つんばいの状態でいたところを後方から平手打ちし、あおむけになったところを左右の足で一度ずつ脇腹を蹴った。その後、髪をつかんで顔を上げ、左手で2度顔を殴った。

 そのため、男子生徒は乳歯が取れるとともに、右肋骨不全骨折と右胸部挫傷によって、3週間の治療を必要とするけがを負ったという。

 県教委は処分理由として、地方公務員法第29条第1項第1号(法令違反)、第2号(職務上の義務違反)及び第3号(全体の奉仕者たるにふさわしくない非行)の規定に該当するとしている。

 市教育委員会の宮國博教育長は本紙取材に「処分内容が正式に届いていないので、現時点でのコメントは差し控える」と話した。


 その上で、14日に緊急の校長会を開催するとし「その場で今後の対応について協議し、何らかの対応策を講じていきたい」と述べるにとどめた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!