02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
社会・全般
2018年9月26日(水)8:57

嘉手苅さんら8人表彰/社明運動作文コンテスト

宮古地区運動推進委


社会を明るくする作文コンテストで表彰された児童・生徒(前列左から)久貝さん、謝敷さん、松川穂羽さんの代理の松川暖さん、嘉手苅さん、友利さん、(後列左から)伊波さん、松川鈴さん、橋本さん=25日、平良地方合同庁舎

社会を明るくする作文コンテストで表彰された児童・生徒(前列左から)久貝さん、謝敷さん、松川穂羽さんの代理の松川暖さん、嘉手苅さん、友利さん、(後列左から)伊波さん、松川鈴さん、橋本さん=25日、平良地方合同庁舎

 第68回社会を明るくする運動作文コンテストの表彰式(主催・宮古地区社会を明るくする運動推進委員会)が25日、平良地方合同庁舎で行われた。小学校の部で最優秀賞に輝いた南小6年の嘉手苅咲良さんら入賞者8人に賞状と副賞が贈られた。

 表彰式では下地敏彦運動推進員委員長(代読)が「人と人とが助け合い力を合わせて犯罪や非行のない社会をみんなでつくっていこう。いつもの生活の中で感じたことをきっかけに自分に何ができるかを考え積極的に行動してほしい」と述べた。

 最優秀賞の嘉手苅さんが作文を朗読し、テレビのニュースで親が幼いわが子を虐待して死に至らしめた事件に衝撃を受け、「女手一つで育ててくれた母の愛情を実感している」と話した。

 また、パニパニパラダイスというグループで地域のイベントなどで、歌を歌ったり踊ったりして宮古島の良さをPRしていることを紹介。「この活動を通して、一人でも多くの人が幸せな気持ちになれるよう頑張りたい。自分のやるべきことをコツコツ続けたい」と話し支えてくれる母親に感謝した。

 入賞者は次の皆さん。(敬称略)

 【小学校の部】最優秀賞=嘉手苅咲良(南小6年)▽優秀賞=友利美月(鏡原小6年)
 【中学校の部】最優秀賞=松川穂羽(砂川中3年)▽優秀賞=謝敷絵里(平良中2年)、久貝鈴華(同)▽入選=伊波佳音(平良中2年)、松川鈴(同)、橋本和佳(西辺中2年)


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!