02/04
2023
Sat
旧暦:1月14日 友引 癸 立春
政治・行政
2018年10月1日(月)8:56

「弔い合戦になってしまった」/佐喜真宮古連合支部・下地市長

佐喜真氏の敗戦についてコメントを述べる下地市長=30日、自民党宮古支部

佐喜真氏の敗戦についてコメントを述べる下地市長=30日、自民党宮古支部

 30日午後9時35分ごろ、テレビで玉城デニー氏の「当確」が報道されると、自民党宮古支部の事務所に訪れていた佐喜真淳氏の支持者らからは「信じられない」「本当に負けたの」など、驚きと落胆の声が聞かれた。

 佐喜真氏を支援する「沖縄の未来をひらく県民の会」の宮古連合支部長の下地敏彦市長は「負けたことは驚きでしかないが、県民の民意なので真摯に受け止めたい」と述べた。

 選挙戦については「やはり、前県知事の翁長さんの『弔い合戦』という位置付けになったことが難しかったと思う」との見解を示した。

 玉城新知事に対しては「しっかりと県全体の振興発展、特に離島の振興については目配り、気配りをしてほしい」と訴えた。

 また、県内の保守系9市長でつくる「チーム沖縄」の会長として、今回選挙の受け止めについては「辺野古の問題で国と激しく対立するのか、それとも折り合いをつけるのかで沖縄における施策は変わると思う。地方自治体の長としては地方自治体に対する支援策はこれまで通り、しっかり支援してもらえればありがたい」述べた。


カテゴリー一覧

観光関係

2022年12月17日(土)9:00
9:00

出場者1200人を決定/第37回トライ大会

最後の100人を抽選で選出/25日にメールで選手へ通知   第37回全日本トライアスロン宮古島大会の出場者を決定する抽選会が16日、市役所で行われ、座喜味一幸大会長らが抽選で100人を選出した。事前選抜された1100人と合わせて、出場全1200人が決…

2022年12月17日(土)8:58
8:58

伊良部でジュゴン生息確認/県環境科学センター

藻場のふんからDNA検出   【那覇支社】一般財団法人「沖縄県環境科学センター」は14日、伊良部島佐和田の海草藻場で採取された大型草食動物のふんから、絶滅が危惧されているジュゴンのDNAを検出したと発表した。沖縄美ら島財団やNHK、京都大学との共同調…

ID登録でパソコン、タブレット、スマートフォンでお手軽に!